カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

PASO750補完計画 その4

エンジンが不調の原因は、セルモーター。
セルモーターをオーバーホールすれば取り合えずはエンジンが掛かるはずです。

今回はこのような順番でセルモーターの異常と分かりました。

1. バッテリーはビンビン。
2. セルが回らない。
3. スターターリレーは作動している。
4. セルモーターに直接+電気を流してもセルモーターが回らない。

セルモーターを分解して、各パーツを洗浄してみましょう。

セルモーターを取外すには、オイルを抜いて、左側のジェネレーターカバーを外します。

DUCATI PASO 750

セルモーターを取外し、また、直接、電気を流して、動くかどうかをチェック。

DUCATI PASO 750

ぜんぜん動きません。

とりあえず、セルモーターを分解して、中をチェック。

DUCATI PASO 750

磁石側の割れ等はありませんでした。

ブラシ部を洗浄し、組みなおして再度、電気を入れてチェック。
ウィ〜ン、ウィ〜ン、
動きました。

しかし、ブラシ部の消耗度は激しいので、一応新品に交換します。

DUCATIの旧車に詳しい、横浜のTIOさんhttp://www.tio-bike.jp/
に電話をかけ、ブラシの在庫を聞いたら、「在庫あり」、さすが!!

早速、入手。

DUCATI PASO 750

価格は確か、5000円チョットだったと思います。
組み込んで、セルはOKです。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=5471&eid=74

ページトップへ