カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

PASO750補完計画 その5

それにしても汚い。

PASOは外からエンジン回りが見えないといっても気になります。
エンジン各部の調整をするため、エンジンの腰上をバラしてもらいます。

DUCATI PASO 750

ヘッドをあけ、腰上のチェック。

DUCATI PASO 750

特にパーツの痛みは見受けられませんでしたが、ピストン、ヘッドの燃焼室はカーボンがこびりついていて酷い。

ピストンを外し、カーボンを除去します。

DUCATI PASO 750

カーボンクリーナーを浸し、カーボンをふやかし、綺麗にします。

DUCATI PASO 750

その後コンパウンドでみがいたら新品に近い輝きをもどしました。

DUCATI PASO 750

次はバルブとかも磨きましょう。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=5471&eid=76

ページトップへ