カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

第一弾 これなんだ?その4

マニアックなパーツといえばこの部分。

HARRIS PANTAH フォロントブレーキ

マルゾッキのレーシングサス。アウターケースがマグでできています。みなさんもご存知の通り、古いマグパーツは保存状態によって錆や割れがおきやすいので、既に20年以上経過しているこの車両はちょっと怖いですね。とはいえ、現状普通に乗れていますし、筑波も走ってしまいましたが、手入れを怠れない部分です。
また、ブレーキキャリパーはやはり当時もののブレンボ製4ポッドレーシング。クイックリリース付で、これまた貴重品。今ではほとんど手に入れることは難しくなっています。
あと、パシャパシャと動くブレンボ製ブレーキローターですが、当時6万円/1枚ぐらいしていました。
ホイールはダイマグ製3本ホイール。ハリスが好んで装着していました。これもマグですから、手入れが必要ですね。当時このホイールは初代オーナーの好みでしょうか、ゴールドだったのですが、現在はダイマグらしくブラックで厚めに塗装されています。

HARRIS PANTAH リアブレーキマスター

リアのブレーキマスターは、やはりブレンボの当時もののレーシング。これもめったに出ないですよね。後付けしたものですが、5年以上かけてやっと見つけた代物です。サスはホワイトパワーですね。これも当時ハリスが採用していました。

HARRIS PANTAH 右前

ちゃんと見えませんが、フロントブレーキマスターもゴールドのレーシングです。リザーバータンクは一体型です。
ミラーはもともとビタローニが着いていましたが、ちょっと大きくて汚かったので現在は変更されています。
カウルにミラーが無いのでスマートに見えます。
タンクキャップは砂型鋳造のごついエアロプレーンタイプです。ちなみにこのタンクはFRPで出来ています。以前つなぎ目が割れてガソリンが漏れている状態ですが、現在は復活。ただし次回漏れたら交換するしかないですね。
ちょっとのぞいているキャブは、40パイデロルトです。この排気量にしてはオーバーサイズです。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=5471&eid=7