カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

第三弾 これなんだ?その4

* 足回りはどうかというと、

BIMOTA DB1 リアホイール BIMOTA DB1 リアホイール

  • ブレーキキャリパー
    あまりにも定番なブレンボレーシング。ちなみに、この写真からはわからないのですが、リアキャリパーのトルクロッドは、ノーマルでは車体側(エンジン)に付いているのですが、スイングアーム途中に移設されています。パワーハウスさん独特ですね。
  • GOODRIDGE ブレーキホース・フィッティング
    GOODRIDGEのステンレスメッシュホースとフィッティングです。アルミフィッティングは恐らくオーナーの好みでしょうか。GOODRIDGEのアルミフィッティングはアルマイトカラーがとても綺麗ですが、個人的な好みでは頑丈なステンレスが好きです。マーレックスでは、ホースはメーター単位、フィッティングは1ヶ単位で販売しています。でも、重要保安部品ですので、製作は経験のある方にお願いするのが良いかと。
  • MARVIC PENTA 17インチ マグネシュームホイール
    みなさんご存知のとおり、ノーマルDB1は前後16インチホイールです。16インチののり味がそれこそDB1たる乗り味、なのかもしれませんが、まぁ、これはこれで乗りやすいし、カスタムの方向性としては当然アリだと思います。16インチタイヤもなくなってきているし。
  • フロント倒立サス
    なんだこれは!といってもモンスターからの移植です。これはどうなんだろう、、、うーん。まぁ性能良ければすべて良し、の世界観ですか。
  • オーリンズ リアサス
    この写真では見えませんが、こちらも定番ですね。タンク別体のリモートイニシャル調整機能付き。コントローラーはシートレールに綺麗に収まっています。

次にエンジンは、、、というと

BIMOTA DB1 エキパイ

カウルをはずしていないので見えませんが

  • DB1 SR エンジンへの換装
  • FCRキャブレターへの換装
  • パワーハウスエキゾーストシステム

です。このエキパイ、むちゃくちゃ大きな音していますが、とってもかっこいいです。ちなみにこの車両、富士のストレートで220超km/hを記録しています。STACKメーター記録ですのでかなり正確。正直びっくりしました。

そのほか、DB1では定番のレギュレータ移設&交換をしています。それに、ACウオタニさんのパワーキットで電気系を強化しています。

下の写真で、リアインナーフェンダーとアンダーカウルとスクリーンはパワーハウスさんオリジナルです。DB1はこのカウル形状からもわかるとおり、かなり熱がこもります。その熱対策がアンダーカウルに施されています。とはいっても、夏場の街中では、どうしても熱ダレ&パーコレーションがおきてしまいます。DB1はアンダーカウルを外して乗っている方を見かけますね。

最後になりましたが、かなり心血注がれて製作された車輌ということは伺えますね。実際乗り味も現代風。重量が軽いせいもあって、ひらひらと乗り回せます。いいバイクですね。

BIMOTA DB1 斜め前 BIMOTA DB1 斜め後

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=5471&eid=17

ページトップへ